Blogブログ

小さい会社や商店街、地方創生、地域活性、インバウンド集客のためのPR戦略ブログ

口コミと流行は、「3」の法則で出来上がる

from:パーソナルブランド構築家 根岸秀行

サンナオカフェにて…

 

あなたの好きな数字はなんですか?

私は「3」が好きです。

統計学や、マーケティングをしていると、

なぜが、この世界は「3」で出来ていることが分かってきます。

3次元の世界だからというだけでなく、なぜか「3」なのです。

 

たとえば、私たちの体の腸内には、悪玉菌と、善玉菌と、日和見菌が存在します。

この割合も、悪玉と善玉で30%と日和見菌が70%。

日和見菌とは、悪玉にも善玉にも当てはまらず、形勢をうかがいながら強い方につく菌です。

 

ということは、腸内環境を動かしているのは、

悪玉菌と善玉菌であり、腸内全体の3割になります。

 

この腸内細菌の割合と、世の中の仕組みも非常に近いものがあります。

 

ここで、面白い質問があります。

 

質問:世の中の流行りというものが、どのように広まっていくかご存じですか?

たとえば、iPhone7などのスマホは、どのようにして世の中に浸透していくのでしょうか?

 

 

回答します。

それは、まず「イノベーター」というマニアな層が飛びつきます。

 

新しいものが大好きな層で、実際に試したいというピュアで好奇心あふれた方たちです。

この層が

10%です。

 

その後、流行の先端でいたいという欲求を持った「アーリーアダプタ」という層が飛びつきます。

この層は、イノベーターの様子を見て、良いと感じたらすぐに購入します。

そして、周りの人に自慢するのです。

 

イノベーターのようなマニアではなく、流行の最先端を

行きたいという欲求と自己アピールの心理で動きます。

この層が20%

 

残りの70%の人たちが、「アーリーアダプター」の影響で、徐々に購入していきます。

 

要するに、「イノベーター」から始まり、「アーリーアダプター」までの30%が、

世の中の流行りを作っているのです。

 

それは、洋服の流行も同じことです。

その他、統計学でも、全体の3割の中の3割など「3」がKEYになって

動いていることが少なくありません。

 

ということは、口コミや流行を生み出すためには、

不特定多数の方にアプローチするのではなく、コアな層である3割をターゲットにすればいいことになります。

 

そのためには、

ターゲティングが必要になってきます。

そして、リサーチが必要です。

ターゲットとなるコアの層が、どのような欲求があるのか?

どのような問題を抱えているか?など。

 

それが分かったら、ターゲットが集まっているSNSにアプローチして反応を見てみて下さい。

 

そして、反応や意見をもらいチューニングしていくことで、口コミや流行が出来上がっていきます。

「3」の法則で、ターゲットを絞ったアプローチをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

追伸1.

 

ただ今、LINE@で、集客から成約率アップ、リピーター獲得までの最新ブ ランド戦略を配信しています。

バックナンバーは見ることができない仕様なので、先着の方が優位です。

早めにLINE@に友達登録をして、無料限定コンテンツを手に入れてください 。

【LINE@限定で最新コンテンツ配信中 !!】

無料登録は下記の「友だち追加」をタップ!

↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

LINE@友だち登録はこちら↑↑

※リンクが繋がらない方はIDで検索

LINE IDは、「@negisamurai」

   
   

追伸2.

 

集客、売上で悩んでいる方限定

1時間の無料個別相談はこちらから▼

気軽に相 談してみる→

<< 気軽に無料相談して みる >>

*無料相談とメッセージをください

関連記事

  • 関連記事はございません。

サイト内検索